私推日

BTSで初めてK-POPにハマった大人ARMYの推し活と日常

2020年を振り返らずBTS沼入り元年を振り返ろう

2020年を振り返ったところで恨み言が主になりそうなので、未だブログで書いていない私のBTS沼入りの歴史を記しておこうと思います。


*****

6月 私とBTSの出会い

あれは2018年6月2日か3日くらいのこと。それまでぼんやりとBTS防弾少年団というK-POPグループがいると知ってはいたものの、具体的に触れてみようという気にはなりませんでした。ところが当時の推しに手紙を書くのにいい作業BGMを探していたところ、韓国語の曲なら日本語や英語の曲と違い意味が1ミリも分からないから集中するのにちょうどいいのでは?と思い、まだ生きていたパソコンで公式のMV再生リストを流しっぱなしにしてイヤホンで聞きながら手紙を書き進めていました。
元々K-POPの音色は好きだったので素質はあったんですよね。

徐々に引っかかりを覚えてくる

画面を見ずにMVをオート再生しているとふと音が止まることがあるんですよ。それでリストが終わったのかな?と思って顔を上げると

봄날なんですよ。
何周もしている内に音がしなくなる=あの曲だな、と思うようになりました。
あとはButterflyとI NEED Uの類似点とか、ふと見た瞬間に気になることが増えていき、手紙を書き終えると真面目に見始めるようになりました。

推し変への抵抗

手紙を書き終わるのに1週間ほどかかりました。TMIだけどその頃推しと色々あって、仕事面でもプライベート面でも果たしてこのまま推してていいのか?と思うことがあったんだけど手紙書いてる間は幸せだった。だけど書き終えた途端満足?というか、なんかもういいかな?って気分になっちゃったんですよね。
だからってBTSを推すかって言ったらそうではなくて、そのままBTSに推し変したらまるで代替品じゃないですか。誰かの最愛の推しを、担降りしたからって空っぽになったところを埋めるための代用品にするのはBTSにもファンにも失礼じゃないですか?
そう思って積極的に深掘りすることなく遠巻きに眺めていました。


7月 少しずつ傾倒していく

取り敢えず本人たちがやってるTwitterフォローしてみたら?と言われるがままフォローしたのが7/2で


ジョングクとジェイホープが夜の公園でヨンタンとご飯食べてる動画が投稿されてた記憶だったけど、よく考えたらヨンタンいるのにテテいないわけないよね?と検索したら犬だけどヨンタンではなかったですね!
しかしメンバー認識してない頃だったはずなのによく内容覚えたな。

気付けば8/1にファンクラブに入ることに

およそひと月の間なにがあったのか。
多分MV見たり考察ブログ漁ったり公式YouTube見たりしてたんだと思う……だけどここら辺本当に記憶なくて。なんかコンサート見た記憶もある。うちCSチャンネルいくつか契約してるので(アボジ本当にありがとう)見ててもおかしくはないかな?とにかく気付いたら転がり落ちてた。
これ!というきっかけがあった記憶はなく、先述のTMIもあり、考察厨であり、FAKE LOVEが元々の性癖にドヒットだったこともありでズブズブになっていったと思われます。


8月 推しを推しと定める

ひと月とか言ってるけど多分7月の半ばにはファンクラブ入ろう!とか言ってた気がします。
ここで入会にあたり私の大嫌いな質問が出てくるわけですよね。誰推しですか的な質問が。
私とBTSを知るきっかけになったのはナムさんの存在でした。メンバーを識別できていない頃、ナムさんが映ると安心するので常にナムさんの姿を探しました(じゃないと気付かない内にBTS以外のMVが再生されたままになる)
しかし、しかしね。当然ファンクラブ入ろう!となる前に本格的にBTSを知っていこう!まずは顔を覚えて人となりを知ろう!となるわけじゃないですか。
そうすると現れてくるわけですこの……
f:id:sisuibi:20201231010038p:plain
男の名はミンユンギ
顔を覚えるにあたり自分なりに印象的な特徴なんかを取り上げるじゃないですか。私の場合ナムさんはナムさんで全くブレない状態で入ったんですが、ユンギの覚え方は「チーム糸目(feat.ジミン)の好きになるタイプの顔」だったんですよ。
ちなみにジョングクが「好きなタイプの顔」なので意味合いが違います。
結構悩んだ。ナムさんも好き、ミンユンギも好き。でもどちらか選ばなければ入会手続きができない。
ファンクラブがこの手の質問をする際の意図、選択するファンのメリットを考え、恐らく推しのなにかが貰えるのだろうと推察しました。当時の私はナムさんとミンユンギのなにかが貰えるとして、どちらがより嬉しいか?という点で熟慮してミンユンギを選択しました。
ここから自分の中で何がしかのスイッチが入り、オルペンだけどユンナム推しでユンギ強めになっていきました。

9月はBT21カフェに行きました

仕事の都合で適当な日に予約したら9月12日でナムさんの誕生日でした。意識していなかったので完全なる偶然。その頃はまだセンイルというものをあまり意識していなかったんですね。


11月 LYSツアー参戦

8月にファンクラブ入会を決めたのも恐らくこれのためだったかと思います。あのFAKE LOVEでBTSを知り、間もない内にLYSツアーの日本公演が始まる時期にARMYになれたことは本当に運がよかったと思っています。
人には人の、タイミング。

東京ドーム、京セラドーム

2018年11月13日私はそこにいた
f:id:sisuibi:20201231155304j:plain
ユンギが宿舎に引っ越してきた日、ナムさんがRAP MONSTERからRMに改名した日、テテが初めて보라해を使った日、彼らがイル活で夢見ていた東京ドーム公演のその初日に立ち会えたのは当時の私にとっても思い出深いことでした。
それが自分のBTS初コンサートだから尚更のこと。
いやもう最高ですよ。
東京ドームは初日、京セラドームは11月24日、千秋楽でした。
f:id:sisuibi:20201231221613j:plain

BURN THE STAGE The Movie

3回見に行きました。YouTubeの方はナムさんが言っていたようにドキュメンタリーで見せられる限りの全て、という感じだったけど映画はジンくんの明るいところだけ見せたいというような仕様になっていましたね。봄날の例のシーンが来るのかと思って緊張したらカットされてたし。


12月 2018 MAMA in JAPAN

パフォーマンスしてる人がいながらそれを見ている推しを見ることができる、というのを初めて体験しました。これもK-POPならではな気がするけどどうかな?もちろんパフォーマンスされてるグループはしっかり見てましたよ!MAMAMOOとTWICEはそこで興味を持ちました。
f:id:sisuibi:20201231221541j:plain
推しが白くて暗い照明の中でも見つけやすくて助かりました笑

まさかの解散発言

ただただ楽しかったけど、まさか同年MAMA in HONG KONGであんなことになるとは思わないじゃないですか。
本当に衝撃的だったし、今もこうして変わらず活動を続けててくれて本当に本当にありがとう、という思いです。



怒涛だった2018

こう書いてると1年どころか半年に満たない期間の中に詰め込まれすぎではありません???
ARMYになって2年ということになるんですが、思い出そうとする度に3年目じゃないか?と混乱する気持ち、分かりませんか?笑
2020年も色々ありましたが、色々楽しませていただきました。
これからどうなるか分かりませんが、推し続けることには変わらないと思います!
2021年はオフラインコンサート、日本でとは言わないからせめて韓国でできますように!

새해 복 많이 받으세요!

MOS ON:Eのグッズが届いたよ(ネタバレ画像あり)

f:id:sisuibi:20201222173534j:plain
というわけでね届きましたよMOS ON:Eグッズ。
届いてるという人がいる中、準備中から全然動かないから不安だった〜笑

f:id:sisuibi:20201222174054j:plain

MEMORIAL KEYRING

f:id:sisuibi:20201222174459j:plain
f:id:sisuibi:20201222174456j:plain
こういう、さりげなく使える系のグッズは記念品としてだけでなく極力実際に使うようにしてますね。

POSTCARD BOOK

f:id:sisuibi:20201222174723j:plain
すっごくいい質感でいい厚み。
メンバー各2枚ずつとユニット、全員が1枚ずつ。
で、見てくださいよこれ!!!
f:id:sisuibi:20201222174817j:plain
ほげぇぇぇ〜〜〜!!!
こういうのは大体ジンくんが大優勝するんですが(私調べ)こればっかりは何度もこのキムナムジュンに戻りましたね……神がかってる。
ところでこのポストカードって切り離して楽しめるのが利点ではありますが、個人的にはポストカードブックはポストカードブックなので本の形として楽しみたく、切り離さないようにそっと開くようにしています笑

MINI PHOTO CARD

f:id:sisuibi:20201222180628j:plain
こちらは3セット
f:id:sisuibi:20201222180806j:plain
f:id:sisuibi:20201222180812j:plain
f:id:sisuibi:20201222180818j:plain
各メンバー並びにユニット写真、全て綺麗に2枚ずつダブるという笑
っていうか前回もそうでしたけど何故ユニット片方しか来てくれないの……笑

ジャンル外フォロワーにオススメするBTSのMV7選

なんて分かりやすいタイトル!
頼まれたわけでもなくただフォロワー見てくれ!という思いだけです。なんなら実際に見なくてもいい。
あくまでジャンル外フォロワー向けなので新規アミに向けたものでも特定の個人に向けたものでもなく、7選なのはメンバーの人数に合わせたってだけでランキングというわけでもありません。

ちなみに!
PCでYouTubeを見る際、英語字幕設定がある動画に限り、再生画面右下の歯車マーク→自動翻訳→選択欄の一番下にある日本語をクリックすると英語から翻訳された日本語字幕が出せるのでなんとなくの歌詞も分かります!
ただ動画毎にいちいち設定しなくてはならないので悪しからず。


①11億回再生って何億回再生?「DNA」


BTSのMVといえば取り敢えずこれ、みたいなところがあるDNA。
K-POPだな〜!という派手髪の顔の綺麗な男たちが踊りまくっているので取り敢えず何も考えずに見ても楽しめる。
歌詞は「僕達が出会ったのは偶然じゃなくDNAに刻まれた運命なんだよ!」っていうハッピーソング。
BTSのラブソングは一時期以降全てアミソング(ファンソング)になっていると思っているので、つまりBTSとARMYはラブラブハッピー!(……)
そしてよく見るとダンスが中々エグいし顔がよくてしかも色んなタイプがいることが分かります。
しかしシーンごとに衣装どころか髪色も変わってしまうのでメンバーを覚えるのには向かない。

②エグい程に顔とダンスのキレがいい「Black Swan」


DNAと正反対のBlack Swanは歌詞の内容も合わせてダークトーンのMV。
BTSは主に「自分たちのこと」を曲に込めるのですが(ヒップホップのカルチャーね)、この曲は有名な舞踏家の言葉をモチーフとした歌詞で、要約すると「音楽にときめかなくなった死がなによりも怖い 死なないために踠き続ける」というめちゃくちゃ重たい感じ。
でも自分をときめかせるのは自分だっていうような強い決意も感じられる曲になってます。
オタクは推しに健康で幸せであってほしいけど、努力して足掻く姿もまた美しく応援したくなるものなんですよね……罪深い。
顔がよくてメンバーの識別がしやすい。

③この雰囲気が嫌いなオタクはいません!「피 땀 눈물」


カタカナ発音では「ピッタンヌンムル」日本語で「血汗涙」
歌詞よりもまずMVを見てくれフォロワー!このいかにも「考察してくれ」と言わんばかりのこの雰囲気。
絵画、彫刻、詩、モチーフとされてる映画など、掘り下げたらキリがない。
ちなみに日本語版のMVもあり
BTS (防弾少年団) '血、汗、涙 -Japanese Ver.-' Official MV - YouTube
こちらの方がよりストーリーに重きを置いた構成になっていて、コンサートなんかの映像にも本国版ではなくこちらの映像が使われるくらい。
通称ぴったんは2016年のアルバム曲なんだけど、2013年にデビューしてこの年で初めて年末の授賞式で大賞受賞を果たした思い出のアルバム曲でもあります。

④ちょっとここらで小休止「Stay Gold」


ちょっと重いのが続いたので爽やかなMVを。
現時点での日本語オリジナル最新曲。
うん。爽やか。可愛い。
でもどこか薄らと漂う不穏感に気付いたそこの貴方、素質ありますよ。
別にMVの雰囲気そのまま受け取ってもいいんだけど、薄らとこう、マッチ売りの少女的な感じがね、うん。
先述の通りBTSは考察要素モリモリなので(特定の人物がバスに乗ってることにダメージを受けるファンがいる等)
ちなみにあの天国みたいなところの草花は背景以外全て実写です。バカと天才は紙一重ですね。
あとBTSの場合、日本語楽曲はほぼ外部発注なので言語以外もいつもと違う雰囲気を楽しめるので結構日本語オリジナル曲は好きです。

⑤こんな時はより聴きたくなる「봄날」


カタカナ発音では「ポンナル」日本語で「春の日」
曲中繰り返される「보고싶다(ポゴシプタ)」は「会いたい」という意味。私も会いたいよ〜〜〜ㅠㅠㅠㅠ
彼らが様々な事情で会うに会えなくなった友人等を想って歌った曲ではありますが、韓国のあのセウォル号事件について歌った曲であるとも言われています。
一応明言はされていませんが、明確な否定もされておらず、特定の事件についての曲であるというインタビューには肯定的に答えています。
音楽番組などのダンスパフォーマンスの際、それぞれが「被害に遭った高校生」「遺族」「時間」等の役に分かれてそれを再現しているとも言われているので是非それも見てほしい(あとオタクの統一感)
[BTS - Spring Day] Comeback Stage | M COUNTDOWN 170223 EP.512 - YouTube
このMVに限らずですが、作家ボルタンスキーの影響も多く見られます。

⑥エモさの塊に言葉も詰まる「I NEED U」


曲だけでも聞いてくれ、いやMV見るだけでいいから、いや曲だけでもいい、いやMV(略)
BTSの真髄、ストーリー仕立てのMVです。
これは花樣年華(人生で最も輝く瞬間)シリーズの一作、考察厨の永遠の課題。
様々な問題(DV、貧困、ネグレクトなど)に苦しむ若者たちが仲間を得て人生に希望を見出すも、仲間と離れればまた現実が襲ってくる厳しさ。
儚くも美しい青春。
中々な流血シーンがあるので韓国ではMVに19禁規制がかけられ、そういうシーンをカットしたバージョンも出されました(なのでこちらはOriginal表記)
推しに人殺し役をやってほしいオタク垂涎()
実はこの花樣年華シリーズはループものとされていて、その儀式のシーンも描かれています。
この他のMVにもそれを匂わせるシーンが多数あり、Stay Goldのように全く関係なさそうなMVにもその花樣年華の匂いを嗅ぎとるセンサーが搭載されるようになります。
そしてこのINUBTSが韓国の音楽番組で初めて1位を獲得した記念すべき曲で、思い出の曲として挙げられることも多いですね。

⑦愛に苦しむ姿が狂おしい「FAKE LOVE」


うんうん、これもまた花樣年華だね。
アルバムとして花樣年華シリーズは一応終わっていてこれは別のLove Yourselfシリーズなんですが、⑥のINUと続けて見ると分かりやすいように、どう考えても花樣年華なんですよ。
歌詞としては「君の理想の『僕』を追い求める内に僕は『僕』を失った」というようなもの。
これはアイドルとファンにも置き換えられます。
ここの2018年に私はBTSと出会ったわけですが、このアルバム制作中に前後して、実は解散を考えていたという衝撃。
FAKE LOVEの前のDNAで既にアメリカでも活躍していましたが、FAKE LOVEで更なる躍進を遂げ、2019年には解散を考えて皆で泣いたことも笑い話にできる雰囲気にはなっていました。
本当によかった……。




以上、本当にサラッとしたMV紹介でした。

基本的にはストーリー仕立てで、常に考察の余地が付き纏うので私が好きにならないわけがなかったBTS
他にもMVではなくMVの内容を補強するショートフィルムシリーズやHighlight Reelなる連作のショートムービーがあったり、MV本体が出る前の意味深なTeaserがそれぞれ数パターンあるのは普通で、同じ曲のMVでもバージョン違いがあったりとMVに関する映像コンテンツだけでも盛りだくさんで有難いながらもいい加減にしろ(憤怒)と思わないでもないところがある笑

考察しなくてもいい、見るだけ、聞くだけでも楽しめるから。でも気付くと考察ブログとか読み漁ってる。
メンバーもファンが考察していることを知っていて、新しいMVなどを制作する度にファンがどんな反応をするかが楽しみなどと楽しそうに語っていますが、そういう考察だけでなく、どういう思いで楽曲やMVを撮っているかなんかを知るとますますBTSが好きになるし、ファンでよかったなって思いが募ります。
今回はジャンル外フォロワー向けのチョイスだったわけですが、明るくて華やかなMVもあるからね!(BWLとか)(あれも最後の最後不穏仕立てだけど)

BTS POP-UP MAP OF THE SOUL SHOWCASE IN TOKYO

タイトル長い!
BTSポップアップに行ってきたよ!


入る前に向かいの歩道から撮りました。

入場15分前に集合とのとこですが、早めに来た人は脇道に待機していて時間と同時に番号順に整列を始める感じでした。
入場までの15分で全員に検温と手指の消毒が行われます。


一階がグッズ販売とオンライン商品の展示、地下一階がONやBLACK SWANの展示、二階がTinyTanやDynamiteの展示でした。

床や壁面でお出迎え。
ただね、入場したらまず上か下に行くのがオススメです。
50人入れ替え制で私は半分より前の10番台だったけど、入口でやや詰まった感があるのでさっと抜けた方が得策。それともし買う物決まっているのであれば先に済ませてしまうのもいいかも。人がいない時に商品見てても気付くと囲まれてるから笑

どんどん更新されるからよく分からなくなるけど私が行った12/01時点では買えるものはこんな感じ。完全に白飛びしているのはステッカーノートです。


地下は黒翼の前にタペストリーがあるんですが、黒翼を正面で撮る為にはタペストリーの近くまで行かないといけないので触れないように注意する必要があります。
スタッフさんもいるけどね。

オンラインショップの商品も展示されてるんだけど、普通にハンガーにかかってるやつも触っちゃダメだからよく見たくても我慢せねばなりません笑


サインTシャツ〜!
鳥籠に囲われたONなどと展示品の中に置かれてるからめちゃくちゃ撮りにくいし他を撮りたい人とバッティングしがちなのでお互い気を配り合いましょう笑笑
ちなみに本国のようにスタッフさんが撮りますよ!というのはなかった。頼めばやってくれたのかもしれないけど、それよりもアミ同士で撮りましょうか〜って言ってるのはあった。



DynamiteとTinyTan。
階段上がってすぐが推しのバスケゴールだったので大変興奮しました(静かに)
55分での交代制でしたが30分超える頃には人は半分以下になったかと思うので、無人状態での撮影も可能。
敢えて入場時間に行かなくてもいいのかも。まあスタッフさんの手は煩わせちゃうのかな?
途中入場は可ですが再入場は不可。
入口近くに行く度に教えてくださります。


ショッパーは1人1枚まで10円で購入可能。
サイズはS~Lの3種で、ちょうど良さそうなサイズを選んでくれますがもちろん希望も通るんでしょう。
カロンは渡し口が別にあって一時間分の保冷剤を付けて最後に受け取っていくシステムになってましたが3個2200はちょっと……笑(後になにも残らないし)
最後に撮った写真がいい感じだったので一緒に添えて。



グッズは5000円ちょっと超えるくらい。
ピンバッジは迷ったけどFAKE LOVEとMIC DROPにしました。
FAKE LOVEデザイン的に一番シンプルだったけど私の始まりの歌だし、MIC DROPはバンタンのロゴとメンバーと歌詞まで入っている豪華仕様だったので笑
缶バッジはバンタンロゴとONでしたね。


以上!
今日は久し振りに今のユンギさんも見られたのでとてもよかった(結論)

#GetWellSoonYoongi

Weversの投稿を翻訳アプリPapagoにかけたもの(これ見たあとWevers翻訳見るとめちゃくちゃ過ぎて逆に和む)

まずWeversのポップアップ通知で衝撃が走った人は何人いるでしょうか。
私はちょうどその時ハローBT21をやっていて、テテちゃんがまたアミと遊んでるな〜後で見ようね〜って思っていたところで、本当に心臓が止まるかと思ったし間違いなく悲鳴はあげた。私が知らない間になにかあったのか?って思ったし、他でもないユンギ、先のONEコンサート二日目の光景も過ぎりよくない想像も浮かんだけど。
ともあれ、手術が上手くいったことにまず安堵。
っていうかそもそも肩脱臼したのに(本来ならその時点から安静必死なのに)周りに悟らせず隠し通してダンス練習とか出てたって、本当にいつ爆発するか分からない状態で、今までだって騙し騙しきてたことに一度馬鹿!って言ってやりたい気持ちがあるのは正直なところ。
もちろんそれ以上にありがとうっていう気持ちだけど。


ちゃんといいアミで待ってるから、無理せずちゃんときっちり治して戻ってきてください。
多分肩にコルセットとか固定する器具みたいなの付けてるだろうからしばらくセルカなんかすらも見られないんだろうけど、ちゃんと待ってるから。心配はしないけど寂しいとは思わせてください。

あと今思ったけど、ユンギさんの通知が来る前のテテちゃんの投稿ってユンギさんの通知が出るっていうのを前提とした投稿なんだろうなって思ったし、ユンギさんについて教えてくれるのも、本当にメンバー想い、アミ想いな幸せの伝道師だな。


#GetWellSoonYoongi

メモリーズ2019ᵃⁿᵈバンバンコングッズが届いたよ(ネタバレ画像あり)

モリーズはBlu-rayで注文し、3枚目まで見てやっぱり画質はBlu-rayじゃなきゃ駄目だわ……となりました。
えー次からどうしよ……。

ではグッズ画質など載せていきます。

こちらはサムネ用だけど泣いちゃったON:Eグッズページのあれ




Memories2019 Blu-ray

注文の時ですらスペック確認してるか朧気なのでこのような紙が入っていてなんのことだか分かりませんでした笑

プラスワンでもう1枚ついてるの?ラッキー🍀ぐらいな認識で笑

そのプラスワンはジョングクで、真の(?)ランダムはナムさんでした!
イエッス自引き!!!


バンバンコングッズ

まずはこちら


9月分のクレカ請求ヤバいなと思ったらこれが原因(のひとつ)か……!となりました笑
いや、確かどうせコンサートしばらくできないし、その分グッズ買って推し活しよ……ってしょんぼりしてたはずなんだけどどうなってんだよ
めちゃくちゃ色々出てるじゃん!?
まあ、それはそれとして

Photo Set

こちらは2set


ダブりなし!

がしかし!!!


よく見るとジョングクのフォトに汚れが😭😭
せっかくガオッてて可愛いのに……

Message Photo

こちらは3set



(写真の差分はありつつ)ユンギ〜テテちゃんの4人で1種ずつダブったくらいでまあいい方かな

と思いきや!!!



ナムさん2種に傷とジンくんの喉元に汚れ😭😭😭

Mini Photo Card

おいおいマジかよと思いつつこちらも3set



ダブりなし!不良品なし!奇跡かな!?
いやでもユニット写真……ユニットって1グループじゃないですよね?
推し……
贅沢言わない😭
しかしクオズとジンくんって完全に息子とオンマ


不具合品

急いだんだろうなと察しなくもないけど傷がある、しかも中央を通って斜めに入っているのはさすがに許せないので交換を申し出たいんですが、Wevers Shopのよくある質問欄ではこんな感じ

これに沿って手続きしよ〜と思ったらそもそも配送済になってない

そういや配送中だってメールすら来てない。

よくある質問の回答にあるように、配送済になってないと交換手続きができないんです。
まあ普通はそりゃそうなんだけど。
このままでは困るので、取り敢えずカスタマーサポートに問い合わせてみようと思います!


さて、ON:Eのグッズはどうしようかな

BREAK THE SILENCE ブレサイ映画見たよ(ややネタバレ感想)

初日仕事終わりに見てきましたー!
ムビチケ3枚買ったんですが(前記事参照)ムビチケ自体はどれ使っても同じなのでその中から適当に1枚取って初日の座席予約しよ〜と裏のコード見たら

ムビチケ購入番号の下3桁が613😭😭😭


以下ネタバレ感想

※割と記憶飛んでるので大した感想はないです



いつものYouTubeのアレから始まるかと思いきやいきなりメンバーのコメントから始まったのでちょっとビックリしました笑

最初のインタビューで活動名と本名を名乗らせるの、なんとも上手いなぁと思いました。
この映画ってドキュシリーズで、リアルでもリアリティでもなくドキュメンタリー映画なんですよね。
あくまでもBTSのRMとしてのキムナムジュンSUGAとしてのミンユンギを見る側に明確にしているような気がしました。

いやもう全体的にあの頃に還りたい

コンサートの爆音を浴びたい。
家で円盤見るのとは違う、映画館の音量と光量で思い出す現場の感覚。
それになにより、やっぱり彼らはステージでパフォーマンスしてこそなんだなって改めて思いました。
自分が見たいっていうのはもちろんあるけど、それ以上に彼らにARMYの前でコンサートをさせてあげたい。

突然の대취타

うん、これ。
曲だけじゃなくてまさかMVまで流れるとは……ヒュエッて息飲みました。
大画面で浴びたいから次は前方席に行く


ソウル公演

イルコンのシーンより、やっぱりというかこっちの方がグッとくるものがありました。
元々の私の考え方(簡単に言えば一番本国アミを大事にしてほしい)もあるけど、その本国コンサートに行けたっていうのは最高の思い出ですし、ミンユンギの衣装がな、うん。
ジェイホープの衣装はフェチが詰め込まれがちだけどミンユンギの衣装は趣味が詰め込まれがちだと思うんですよね。

もう本国コンどころか海外コン行くつもりないですが、2019年の10/26は一生忘れないと思う。




ムビチケはあと2回分あるので!
次はいつ行こうかな!?
ナムさんの誕生日!?笑